賃貸住宅で給湯器が故障した場合の対応

賃貸住宅で給湯器が故障した場合の対応

賃貸住宅で給湯器が故障した場合は、まず、お住いの賃貸住宅の管理会社、または、大家さんに連絡を入れてください。

賃貸住宅の場合、給湯器は元々「備品」として設置されていますので、借主が故意に壊したり、勝手に改造したりしなければ、基本的に貸主が修理や交換の費用を負担することになっています。

誤って、借主が直接、給湯器メーカーや給湯器修理・交換業者などに連絡し、修理・交換依頼をしてしまうと、修理・交換費用が自己負担になってしまう場合もありますので、ご注意ください。

賃貸住宅に設置されている給湯器は「備品」ですので、経年劣化による故障に対しては、貸主が修理・交換する義務を負いますが、同時に、借主が勝手に修理・交換して良いものでもありません。

給湯器が使用できない状態が長く続きますと、生活にも不便が生じると思います。
給湯器が故障した場合は、まず、お住いの賃貸住宅の管理会社、または、大家さんに連絡を入れ、早めに修理・交換していただくのが良いと思います。

ほとんどの賃貸住宅の管理会社では、提携している給湯器の修理・交換業者がいると思いますので、迅速に対応していただけると思います。