給湯器の凍結によりお湯が出ない場合の対処法

給湯器の凍結によりお湯が出ない場合の対処法

昨日2018年1月24日の夜は、名古屋でも一晩中氷点下の冷え込みだったようで、翌朝には、「給湯器からお湯が出ない」というお電話をたくさんいただきました。

給湯器からお湯が出ないと、給湯器が故障したと思われる方も多くいらっしゃると思いますが、実際は、給湯器の故障ではなく、給湯器へ水を供給する給水管が凍結してしまったことで、給湯器が動かない、という状況が一般的だと思われます。

給湯器への給水管は、冬場の凍結防止のため、外気に直接触れる箇所では、保温材を巻いてカバーされていることが多いのですが、保温材が巻かれていなかったり、保温材が劣化していたりすると、凍結しやすいです。

給水管が凍結してしまった場合は、無理をせず、気温の上昇により自然に解凍されるのを待つのが賢明です。
給水管に熱湯をかけて無理に解凍しようとしたりすると、配管の破損の原因になりますし、酷い場合には、配管が破裂する危険もあります。

名古屋周辺では、余程の寒気でない限り、日中の気温は零度以上にはなりますので、夕方までには自然に解凍され、給湯器が使えるようになっている場合が、ほとんどだと思われます。