ガス給湯器エラーコード562の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード562の原因と対処方法

ガスふろ給湯器エラーコード562の内容は、給湯器メーカー各社で、若干表記が異なりますが、「湯張り電磁弁異常」「ふろ自動注湯流量異常」「注湯電磁弁異常」など、自動湯はり時に、給湯側から追いだき配管回路に注湯するための切替用の電磁弁が開かないときに発生するエラーです。

ガスふろ給湯器エラーコード562の発生原因

  • 切替用の電磁弁が、経年劣化により、起電力が弱くて開かない。
  • 切替用の電磁弁が、給湯器の内部配線の断線で開かない。
  • 切替用の電磁弁が、低温による凍結などにより、開かない。

ガスふろ給湯器エラーコード562が表示されたときの対処方法

  • 給湯器リモコンの電源を一旦OFFにしてから、給湯器本体側の電源コンセントの抜き差し(リセット操作)を一度行う。
  • 低温による凍結などが考えらえる場合は、日中の暖かい時間帯に、上記のリセット操作を行う。

以上の対処法を行っても、エラーが解消されない場合は、注湯電磁弁の交換などの修理、あるいは、給湯器本体の買い替えが必要となりますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者など、専門業者にご相談ください。