リンナイがアメリカでのガス給湯器の生産開始予定を発表

リンナイがアメリカでのガス給湯器の生産開始予定を発表

先日、リンナイから発表されたニュースですが、リンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市)の連結子会社であるリンナイアメリカ株式会社(本社:アメリカ合衆国ジョージア州)は、2018年4月より、アメリカでアメリカ企業所有の工場を賃借して、家庭用ガス瞬間式給湯器のアメリカでの現地生産を開始するとのことです。

アメリカの給湯器市場は、年間推定900万台ほどと言われているそうですが、以前からの主流は、お湯をタンクに貯めて使用する貯湯式の給湯器だそうです。

アメリカ給湯器市場の状況

アメリカ給湯器市場の状況

リンナイは1999年より、アメリカでもガス瞬間式給湯器の販売を行い、認知向上と市場拡大に努めてきたことで、販売台数は、2015年に20万台を超え、2016年には、23.7万台にも増加しているとのことです。

日本で主流のガス瞬間式給湯器は、省エネ性能で貯湯式の給湯器より優れているため、今後アメリカでも、更なる販売拡大が見込めるということで、リンナイは、現地生産することを決定したようです。

また、2019年からは、アメリカで用地を取得し、自社工場の建設を行い、2021年1月から稼働させる予定のとのことです。

給湯器もグローバルな時代になっていくのですね。