投稿

リンナイが実施した「省エネ」に関する意識調査と「省エネ理解度テスト」結果の不整合が面白い

リンナイが実施した「省エネ」に関する意識調査と「省エネ理解度テスト」結果の不整合が面白い

6月5日の「環境の日」を前に、リンナイが実施した「省エネ」に関する意識調査の調査結果と「省エネ理解度テスト」結果の不整合が面白かったので、ご紹介します。

「省エネ」に関する意識調査では、約7割の人が普段の暮らしで省エネを意識し、省エネに関する行動を実行していると回答しました。

省エネに関して実行している具体的な行動としては、「水を流しっぱなしにしない」「使っていない部屋の照明はこまめに消す」「冷蔵庫のドアはなるべく閉める」「テレビをだらだらとつけっぱなしにしない」「トイレの暖房便座の蓋(ふた)は閉める」「エアコンを使用するときはサーキュレーターや扇風機を併用する」「洗濯にはおふろの残り湯を使う」などでした。

しかしながら、「省エネは、家計(節約)を意識したものか、環境保全を意識したものか、どちらの方がより強い意識としてありますか?」という質問に対しては、「家計(節約)」と回答した人が93.5%で、「環境保全」と回答した人が「6.5%」という結果でした。

省エネを意識し、実際に行動に移していることは、素晴らしいことだと思いますが、その動機が、環境保全ではなく、家計(節約)というところが、何だか切なくなってしまうところではあります。

とはいえ、自分一人が省エネのための行動を実践したところで、世界の環境保全に、一体どれだけ貢献できるのかと考えたとき、身近な家計(節約)が省エネのための行動の動機になるのではないかとも思いました。

面白かったのは、このアンケートと同時に、省エネを正しく理解できているかどうかを探るべく、消費生活アドバイザーの方の監修のもと、全12問の「省エネ理解度テスト」を行ったそうなのですが、その平均点は6.1点となり、8点以上獲得できた「優等生」は、全体の約2割しかいなかったそうです。

「はい」か「いいえ」の2択問題で、正解率が、ほぼ50%ということは、ほとんどの人は、省エネを正しく理解できていない、ということのようです。

つまり、省エネだと思ってやっている行動が、実は全然省エネになっていない、ということも往々にしてあるかもしれない、ということですね。

「省エネ」に関する意識調査と省エネ理解度テストに関する詳細は、下記のリンナイのニュースリリースページでご確認ください。

【熱と暮らし通信】「省エネ」に関する意識調査 | ニュースリリース | リンナイ株式会社

リンナイのECO ONE(エコワン)のCM

リンナイのECO ONE(エコワン)のCM

先日、テレビを見ていたら、リンナイのハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE(エコワン)のコマーシャルが流れていました。
CGが駆使されていて、給湯・暖房システムのコマーシャルとは思えない壮大さに、びっくりしました。

リンナイ ハイブリッド給湯・暖房システム エコワン コマーシャル 「未来の省エネ」篇

ECO ONE(エコワン)は、ガスと電気のハイブリッドシステムで、効率良くエネルギーを利用することで、省エネガス給湯器のエコジョーズや省エネ電気温水器のエコキュート単体よりも、さらに高い省エネ率を実現しています。

そんなECO ONE(エコワン)ですが、2010年に初代発売後、2012年に2代目、2015年に3代目と、省エネ性能を向上させながら、バージョンアップしてきました。

現在販売されている3代目のECO ONE(エコワン)は、2015年度グッドデザイン賞や、平成28年度省エネ大賞を受賞しています。

省エネ性能は申し分ないECO ONE(エコワン)ですが、価格面では、やはりまだ高いというのが実情です。
設置費込みの価格では、平均70万円以上かかります。

リンナイのホームページに、下記のようなランニングコストシミュレーションのページが準備されていますので、ECO ONE(エコワン)の導入をお考えの方は、計算してみてはいかがでしょうか。

ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE(エコワン) ランニングコストシミュレーション

リンナイ売れ筋ガス給湯器ランキング《2017年上半期》

リンナイ売れ筋ガス給湯器ランキング《2017年上半期》

2017年上半期(1月~6月)の弊社ガス給湯器販売台数から、リンナイの売れ筋ガス給湯器をランキングしてみました。

位 屋外壁掛・PS標準設置 20号 オートタイプ RUF-A2005SAW€(A)

リンナイの従来型ガス給湯器の屋外壁掛・PS標準設置、20号、オートタイプが第1位となりました。

弊社でのリンナイガス給湯器販売台数全体の約17%を占める売れ行きでした。
エコジョーズタイプのガス給湯器を抑えて、従来型のガス給湯器が1位になるというのは、多少寂しい感じもありますが、従来型のガス給湯器は、エコジョーズタイプのガス給湯器と比べて、購入時の初期費用が安いので、将来的にガス代でペイされるよりも、今、お買い得な価格で購入したい、というお客様が多かったのだと思います。

位 エコジョーズ 屋外壁掛・PS標準設置 20号 オートタイプ RUF-E2005SAW(A)

第2位は、1位のRUF-A2005SAW€(A)のエコジョーズタイプのRUF-E2005SAW(A)でした。
こちらは、弊社でのリンナイガス給湯器販売台数全体の約13%を占めていました。

私の予想では、エコジョーズタイプのこちらが1位であろうと思っていたのですが、結果は2位でした。

ドレン排水の問題で、マンションに設置し難かったり、設置費用が多少高くなってしまう、といったところが、エコジョーズタイプが1位になれなかった原因でしょうか。

位 エコジョーズ 屋外壁掛・PS扉内設置 24号 オートタイプ RUF-E2405SAW(A)

第3位は、給湯能力が24号のエコジョーズタイプでした。
給湯能力が24号と20号のガス給湯器を比較すると、24号は20号と比べ、割安感が若干劣るのと、家族が4人以下の世帯が増えてきているというところが原因となって、3位に甘んじているのだと思います。


2017年上半期のリンナイ売れ筋ガス給湯器ランキングは、屋外壁掛・PS扉内設置の従来型ガス給湯器が1位で、屋外壁掛・PS扉内設置のエコジョーズガス給湯器が2位・3位という結果となりました。

ちなみに4位に入ったのは、据置設置のエコジョーズガス給湯器のRUF-E2008SAG(A)、5位に入ったのは、据置設置の従来型ガス給湯器のRUF-A2003SAG(A) でした。

リンナイのガス給湯器に関して言えば、弊社では、従来型とエコジョーズタイプが、半々ぐらいの割合で販売されているようです。

リンナイがアメリカでのガス給湯器の生産開始予定を発表

リンナイがアメリカでのガス給湯器の生産開始予定を発表

先日、リンナイから発表されたニュースですが、リンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市)の連結子会社であるリンナイアメリカ株式会社(本社:アメリカ合衆国ジョージア州)は、2018年4月より、アメリカでアメリカ企業所有の工場を賃借して、家庭用ガス瞬間式給湯器のアメリカでの現地生産を開始するとのことです。

アメリカの給湯器市場は、年間推定900万台ほどと言われているそうですが、以前からの主流は、お湯をタンクに貯めて使用する貯湯式の給湯器だそうです。

アメリカ給湯器市場の状況

アメリカ給湯器市場の状況

リンナイは1999年より、アメリカでもガス瞬間式給湯器の販売を行い、認知向上と市場拡大に努めてきたことで、販売台数は、2015年に20万台を超え、2016年には、23.7万台にも増加しているとのことです。

日本で主流のガス瞬間式給湯器は、省エネ性能で貯湯式の給湯器より優れているため、今後アメリカでも、更なる販売拡大が見込めるということで、リンナイは、現地生産することを決定したようです。

また、2019年からは、アメリカで用地を取得し、自社工場の建設を行い、2021年1月から稼働させる予定のとのことです。

給湯器もグローバルな時代になっていくのですね。

リンナイが給湯専用エコジョーズガス給湯器をモデルチェンジ

リンナイが給湯専用エコジョーズガス給湯器をモデルチェンジ

リンナイ株式会社は、2017年8月1日より、給湯専用エコジョーズガス給湯器のRUX-Eシリーズをモデルチェンジし、RUX-E2016シリーズとして、新たに発売します。

RUX-E2016シリーズは、RUX-Eシリーズから、次の点で進化しています。

Ecoシグナル機能が搭載された新リモコンに対応

RUX-E2016シリーズの発売に合わせて、給湯専用給湯器用リモコンがモデルチェンジされ、音声ナビに対応した多機能タイプと、簡単操作のシンプルタイプの2モデルが発売されます。
Ecoシグナルマークの点灯・点滅で、ガス・水道の使用量の目安がわかる機能が搭載されています。

★ 多機能タイプ【Ecoシグナル搭載、音声ナビ、オートストップ機能、停電モード対応(停電モードは、排気バリエーション屋外壁掛型、台所リモコンMC-145Vの組み合わせ時のみ対応)】

台所リモコンMC-145V
台所リモコン MC-145V

浴室リモコンBC-145V
浴室リモコン BC-145V

★ シンプルタイプ【Ecoシグナル搭載】

台所リモコンMC-135
台所リモコン MC-135

浴室リモコンBC-135
浴室リモコン BC-135

内部構造が見直され、更なる軽量化が実現

バーナーや熱交換器などの内部構造が見直され、給湯能力が20号のRUX-E2016Wでは、従来機種のRUX-E2010Wより、約3%の軽量化が実現されています。
(従来機種17.5kg → 新機種17.0kg)

万が一の停電時でも安心の「停電モード」に対応

排気バリエーションが屋外壁掛型で、台所リモコンがMC-145Vの組み合わせ時のみの対応となりますが、「停電モード」が使用できます。
「停電モード」とは、ガスと水道が使用可能であれば、停電対応ユニットを自動車のアクセサリーソケットに接続して使用することで、自動車のバッテリーから給湯器に給電して、給湯器を使用できるようにするモードです。

RUX-E2016シリーズのラインナップ

号数 給湯・給水
接続口径
  屋外壁掛型
24号 20A 型式 RUX-E2406W
希望小売価格(税抜) 176,000円
15A 型式 RUX-E2416W
希望小売価格(税抜) 176,000円
20号 20A 型式 RUX-E2006W
希望小売価格(税抜) 163,000円
15A 型式 RUX-E2016W
希望小売価格(税抜) 163,000円
16号 20A 型式 RUX-E1606W
希望小売価格(税抜) 158,000円
15A 型式 RUX-E1616W
希望小売価格(税抜) 158,000円
号数 給湯・給水
接続口径
  アルコーブ設置型
24号 20A 型式 RUX-E2406A
希望小売価格(税抜) 186,000円
15A 型式 RUX-E2416A
希望小売価格(税抜) 186,000円
20号 20A 型式 RUX-E2006A
希望小売価格(税抜) 173,000円
15A 型式 RUX-E2016A
希望小売価格(税抜) 173,000円
16号 20A 型式 RUX-E1606A
希望小売価格(税抜) 168,000円
15A 型式 RUX-E1616A
希望小売価格(税抜) 168,000円
号数 給湯・給水
接続口径
  PS前排気型
24号 20A 型式 RUX-E2406T
希望小売価格(税抜) 178,000円
15A 型式 RUX-E2416T
希望小売価格(税抜) 178,000円
20号 20A 型式 RUX-E2006T
希望小売価格(税抜) 165,000円
15A 型式 RUX-E2016T
希望小売価格(税抜) 165,000円
16号 20A 型式 RUX-E1606T
希望小売価格(税抜) 160,000円
15A 型式 RUX-E1616T
希望小売価格(税抜) 160,000円
号数 給湯・給水
接続口径
  PS延長前排気型
24号 20A 型式 RUX-E2406T-L
希望小売価格(税抜) 186,000円
15A 型式 RUX-E2416T-L
希望小売価格(税抜) 186,000円
20号 20A 型式 RUX-E2006T-L
希望小売価格(税抜) 173,000円
15A 型式 RUX-E2016T-L
希望小売価格(税抜) 173,000円
16号 20A 型式 RUX-E1606T-L
希望小売価格(税抜) 168,000円
15A 型式 RUX-E1616T-L
希望小売価格(税抜) 168,000円
号数 給湯・給水
接続口径
  PS後方排気型
24号 20A 型式 RUX-E2406B
希望小売価格(税抜) 186,000円
15A 型式 RUX-E2416B
希望小売価格(税抜) 186,000円
20号 20A 型式 RUX-E2006B
希望小売価格(税抜) 173,000円
15A 型式 RUX-E2016B
希望小売価格(税抜) 173,000円
16号 20A 型式 RUX-E1606B
希望小売価格(税抜) 168,000円
15A 型式 RUX-E1616B
希望小売価格(税抜) 168,000円
軽量化されたエコジョーズガス給湯器

軽量化されたエコジョーズガス給湯器

高効率ガス給湯器のエコジョーズは、従来型ガス給湯器では捨てられていた排気熱を再利用することで、従来型ガス給湯器では80%程度だった給湯熱効率を、95%にまで向上しています。

エコジョーズの仕組み

エコジョーズの仕組み

これにより、ガス使用量は、従来型ガス給湯器と比較して、約10%~15%、CO2排出量も、従来型ガス給湯器と比較して、約10%~15%減らすことができます。

このように、お財布にも環境にも優しいエコジョーズガス給湯器ですが、取り付けを行う業者にとっては、欠点もありました。
それは、エコジョーズガス給湯器の重量です。

エコジョーズガス給湯器は、排気熱を再利用するため、給湯器内部に、従来型ガス給湯器にはなかった「二次熱交換器」が追加されており、その分だけ、給湯器のサイズも重量も大きくなっていました。

しかし、その欠点も、ガス給湯器メーカーの開発努力で、年々軽量化が図られ、解消されつつあります。
特に、リンナイの一部のエコジョーズガス給湯器では、バーナーをはじめとした個々の部品の小型化により、従来のエコジョーズガス給湯器より、11%も軽量化が図られ、現行の非エコジョーズガス給湯器と同じ重量である、27.5kgにまで軽くなっています。

給湯器の重量が軽くなりますと、マンションのPS(パイプスペース)設置など、狭い場所で給湯器を高くまで持ち上げなければならない場合など、取り付けを行う職人の負担が軽くなりますし、これまで、重くて2人でしか設置できなかった給湯器が、1人で設置できるようになったりと、給湯器の取付業者にとっては、軽量化のメリットは、非常に大きいです。

塗装色を選べるガス給湯器

塗装色を選べるガス給湯器

今回は、給湯器の塗装色についての記事です。

一般に販売されている給湯器の塗装色は、各給湯器メーカーごとに決められた標準色を使用しています。
しかし、標準色がご自宅の壁面の色に合わないときなどは、受注生産となりますが、給湯器の塗装色を、給湯器メーカーが用意した塗装色の中から選ぶことができます。

受注生産のため、ある程度の時間もかかりますし、通常の給湯器価格に、塗装費用がプラスされますが、給湯器をお好みの塗装色にできます。

リンナイ、ノーリツ、パロマの3大給湯器メーカーでは、次のようなカラーバリエーションが用意されています。

リンナイの塗装色

リンナイでは、建物や周囲との調和のために、給湯器本体を外壁の色に合せて、下のカラーバリエーション基本20色の中から、選ぶことができます。

リンナイ給湯器塗装カラー

ノーリツの塗装色

ノーリツでは、建物外観のカラーに合わせて、標準色(GQホワイト)以外にも、16色の準標準色の中から、選ぶことができます。

ノーリツ給湯器塗装カラー

パロマの塗装色

パロマでは、建物の外壁に合わせて、下の20色の中から、選ぶことができます。

パロマ給湯器塗装カラー

3社に共通する同じ塗装色もありますが、各社少しずつカラーバリエーションが異なるようです。

各社エコジョーズガス給湯器の省エネ性能比較

各社エコジョーズガス給湯器の省エネ性能比較

今回は、ガス給湯器メーカー各社が製造・販売しているエコジョーズガス給湯器の省エネ性能を比較してみたいと思います。

まず、ガス給湯器がどのくらい省エネかを計る物差しとして「省エネ基準達成率」が利用されます。
省エネ基準達成率は、省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)に基づいて定められた製品(特定機器)ごとに設定されている省エネ性能の目標基準値を、どの程度達成しているかを、パーセントで表したもので、ガス給湯器以外に、家電などにも利用されています。

省エネ基準達成率は、パーセントの数値が高いほど、省エネ性能が優れていることを表します。

ガス給湯器メーカーのカタログには、エコジョーズガス給湯器の省エネ基準達成率が、一覧表として掲載されていますので、同じタイプのエコジョーズガス給湯器で、各社の省エネ基準達成率を比較してみます。

リンナイのエコジョーズガス給湯器

リンナイエコジョーズガス給湯器省エネ基準達成率

給湯部熱効率が95.0%、ふろ部熱効率が92.0%、省エネ基準達成率が117%と、かなり高い数値です。

ノーリツのエコジョーズガス給湯器

ノーリツエコジョーズガス給湯器省エネ基準達成率

リンナイと完全に同じ数値です。

パロマのエコジョーズガス給湯器

パロマエコジョーズガス給湯器省エネ基準達成率

リンナイ・ノーリツと完全に同じ数値です。

カタログに掲載されている省エネ基準達成率は本当なのだろうか、と疑ってしまうレベルで、3社の数値が一致しています。
エコジョーズガス給湯器内部の構造上、ほとんど差が出ないものなのでしょうか。

とにかく、結果としては、リンナイ、ノーリツ、パロマ3社のエコジョーズガス給湯器は、省エネ性能の面では、どのメーカーのエコジョーズも同じという結果になりました。

リンナイガス給湯器の停電モードとは?

リンナイガス給湯器の停電モードとは?

リンナイの一部のガス給湯器には、万が一、停電になった場合でも、ガスと水道が使用可能であれば、給湯ができる「停電モード」という機能が搭載されています。

電気・ガス・水道のライフラインの中で、最も脆弱なのは、やはり「電気」ですので、大雪・地震などで、ガスと水道は使用できるが、停電が発生して電気が使用できないという状況は、確かにありそうです。

停電モードの使用方法

1. 大雪や地震などにより停電が発生。水道は使用できるが、冷たい水しか出ない。

停電モード1

2. 自動車のアクセサリーソケットに、停電対応ユニットのプラグを接続。自動車のエンジンをかけてから、停電対応ユニットの電源をオンにして、ガス給湯器の電源プラグを停電対応ユニットに差し込みます。(市販のドラムケーブルをご使用ください。)

停電モード2

3. 給湯器の台所リモコン(専用リモコン230Vシリーズ)の決定スイッチを5秒以上押して、「停電モード」に切り替えます。

停電モード3

4. 電気が復旧するまで、応急的にお湯が使用できます。

停電モード4

『ガス』給湯器なのに、結局『電気』が必要になるところが、少し悲しい気もしますが、ガス給湯器内の着火装置やセンサー類を動かすためには、多少の電気が必要となります。
その多少の電気を、自動車のバッテリーから取り出すようにしたのが、この「停電モード」です。

停電対応ユニット

停電対応ユニット

自動車のバッテリーから取り出した直流電源を、インバーターを介し、安定した交流電源に変換して、電気を供給するユニットです。
「停電モード」以外にも、最大消費電力が120W以下の製品に電気を供給できますので、ノートパソコン・ラジオ・携帯電話の充電などにも使用可能です。

『エコジョーズ化宣言2013』からのエコジョーズ普及率

『エコジョーズ化宣言2013』からのエコジョーズ普及率

ガス業界では、2010年に社団法人日本ガス石油機器工業会と日本ガス体エネルギー普及促進協議会が「エコジョーズ化宣言2013」を表明しました。

「エコジョーズ化宣言2013」は、2013年3月までに、ガス機器メーカーが生産する全てのガス給湯器を、高効率ガス給湯器「エコジョーズ」に切り替え、低炭素社会の実現に向けた取り組みとして、省エネ・CO2削減に貢献していく、という宣言です。

「エコジョーズ化宣言2013」が表明された後、リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、ハウステックといったガス給湯器メーカー各社が、「エコジョーズ化宣言2013」に賛同を表明し、高効率ガス給湯器「エコジョーズ」の普及が進んでいます。

下のグラフは、日本ガス石油機器工業会調べのエコジョーズの普及実績です。

エコジョーズ出荷台数

エコジョーズ出荷台数

直近の4年では、毎年100万台近い数のエコジョーズ給湯器が出荷されており、エコジョーズの普及が、かなり進んでいることがわかります。

とは言うものの、「エコジョーズ化宣言2013」では、2020年には、合計2000万台の普及を目標としていますので、まだまだ道半ばではあるようです。